マズローの法則、本当のところ
マズローの法則というものがあります
よく、ピラミッド型になった、アレです

下から、
生理的欲求…食欲、睡眠欲、性欲
安全欲求…不安ではない状態を望む欲求
社会的欲求…一人ではない状態、仲間が欲しい
尊厳欲求…仲間になった人に認めてもらいたい
自己実現欲求…自分自身の可能性にチャレンジする

自己実現の欲求にばかり走る人たちがいるけれど
前段階の欲求は満たせているのだろうか

走り疲れて挫折して
立ち上がれないか
永遠走り続けて何もなく終わる人、いる気がする

マズローの法則を私なりに解釈すると・・・

浴槽に樽を入れて
樽の中にボウルを入れて
ボウルの中にお椀を入れて
お椀にコップを入れます

マトリョーシカみたいに

コップに水を入れていって
コップの水が満たされると
お椀に水が流れて
お椀が満たされるとボウルに水が流れて・・・

ここで
コップ=生理的欲求
お椀=安全欲求
ボウル=社会的欲求
樽=尊厳欲求
浴槽=自己実現欲求
とすると・・・

コップ(生理的欲求)から順々に満たされて初めて
お椀(安全欲求)が満たされ
ボウル(社会的欲求)が満たされ
樽(尊厳欲求)が満たされ
浴槽(自己実現欲求)が満たされる

だから、
浴槽(自己実現欲求)を満たすことばかりを目指して
頑張ったところで
実現できないのは当たり前で

樽(尊厳欲求)までを
肚の底から満たされた状態で初めて
浴槽を満たす(自己実現欲求が満たされる)状態がある

ということに
気づきました

本当に基本的で拍子抜けするくらいだけれど
前提が抜けているのに
自己実現は叶わなくって当たり前よね

穴あけて近道なんかしたら
全てが崩壊しちゃうし

私も
まずは満たすべき欲求を
肚のそこから満たすことを考えよう

自分を満たせて初めて
他人を満たせる人間になれる

自分というコップを満たしてから
溢れた水を人に分けるように

そう考えたら腑に落ちた
マズローの法則
スポンサーサイト
[2018/07/14 09:35] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
願いが叶う真実
心から願う事なら実現するというのは
強く意気込む事ではなくて表側の気持ちと
本心(自分である意識している、していないに関わらず)が
一致した時に、ものすごい勢いで加速するもの。

だから、口ではいくらあれをやりたい、
これになりたい、と言っていても、
肚の底からそう思っていなければ、実現せず、

口に出さずともやりたい事が
表側でも肚の底でも一致すれば、
本当に自然にやりたい事が
ズバリのタイミングで起こる。

これって実に不思議な事だけれど.。

肚の底から思う事なら、
そのように無意識に動くんだよね。

意気込まなくてもさ。

実は普段みんな体感しているんだけれど、
とにかく気付く人が少ない。

気づかないから、
何か大きな事を成し遂げようとした時に、
いきなり意識に上がってきて意気込んで、
肚の底からの願いじゃないと叶わなくて、
結局夢は叶わないんじゃないか、とか言うことになる。

それ、
肚の底からの願いじゃなかっただけなんだよ。
ただ、それだけ。

だからさ、
自分が肚の底から望むことってなんだろうって
真剣に自分と向き合えばいい。

向き合って向き合ってたどり着いた答えが
大きな成功ではなくて、
平凡な日常なら、それはそれでいいんだよ。

その、表側の意識
(これは頭の中で考えていることになるけれど)と、
その奥にある願い
(これは本当の目的だけれど)、
それが一致しているのかを確認していけば、
うまく回り出すようになるんだよ。

全ては自分に嘘偽りをしていないか、だな。
[2018/07/13 19:24] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
自己啓発病から抜け出すには?
自己啓発病から抜け出すには
読んで聞いて満足しないで
それをもとに行動すること。

自己啓発がブームになって久しいです。
意識高い系の人たちはいつも
自己啓発に翻弄されて
結局なにも変わらないという・・・

なぜ変わらないかというと
自己啓発本を読んだり
セミナーに行ったことで
すでに満足してしまっているから

本当は行動を起こさないと意味がないわけ

知らないことを知って
知識を得て
かつ、
それを実践(アウトプット)して初めて
自己啓発~は本当の意味で役に立つ。

だから、自己啓発の罠から抜け出すには
読んで聞いて満足しないで
それをもとに行動すること

私もそうだったからわかるんです。

何かしてなきゃ
何かしないと取り残される
休んでいる暇はないのでは?

もうだんだんと、
ゆっくりしたときを過ごすことが
悪なんじゃないかと思い始めて
スケジュール帳はいつも予定でいっぱいにしていないと
気が済まなかったあのころ。

けれど、いくつもの自己啓発関連の書籍や
セミナーを受けたところで
結局何が一番効果があったかって
自分で行動してみることだったんです。

頭で考えているだけでは
現状は何も変わらない。
読んで聞いて満足して
自分はできる人間になったように思うだけ。

それは、エナジードリンクに似ている。

一時的に出てくるアドレナリンで
心は高揚するけれども
そんなの幻想ですぐに現実にもどる

体の疲れなんて変わってないのに
疲れてないように思わされているだけ。

自己啓発病も同じで
聞いてその時はワクワクして
自分でもやってやろう!なんて息巻いているけれど
3日も経てば現実が見えてくる

自分の思考回路が変わらなければ
いくら痛み止め打ったって継続しないよね

だから、自己啓発ループのいハマる人たちは
気づいてほしい。
自己啓発本がまず大切なのではなくて
それをもとに行動するか否かなんだってことに。



[2018/07/12 23:53] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
幸せの反対は?
幸せの反対は何でしょう。

ずっと不幸だと思っていたのだけれど

幸せの反対は退屈だって

ああ!なるほどー!!!
確かにそうだな。

どんなに時間があっても
どんなにお金を持っていても

退屈だったら?

逆に、
常に心からやりたい事のために
朝から晩まで時間を使って

何不自由なくそれができるだけの
お金があったら?

毎日仕事が忙しいから
時間ができたら

仕事がなくなっちゃったら
退屈して死んじゃうから
みんな、いそいそと
満員電車に乗って
毎日通勤しているんだろうね。

そう考えると空恐ろしいな。

今気づいてよかった
今行動してよかった

幸せの反対は退屈

自分の時間の大半を占めていることが
自分自身が退屈ってことに
気づかせないための手段になってないか
もう一度点検してみよ。

[2018/07/11 20:37] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
満員電車でおもうこと
人の目が死んでいる
ってこと。
過激かな。

そんなことないよね。
朝の通勤ラッシュで
とんでもない人混みの中で
心から穏やかな顔した人なんて

皆無

みんな、何を楽しみに
仕事しているんだろう

何を楽しみに
生きているんだろう

ただただ
片道1時間以上かかる通勤と
残業と、帰り道と

合わせて何時間を犠牲にしてる?

自分の時間は何時間、確保できてる?

平日朝の電車はサラリーマンだらけ
平日朝の新幹線はサラリーマンだらけ
平日朝の飛行機もサラリーマンだらけ

どこに行っても
死んだ目をしている人で溢れている

きっとそれにさえ
気づかないでいる。

ということは、
今の時点で気づいた人は
とってもとっても運がいい!

なぜかって
気づいた時がこれからの人生で
もっとも若い時だから

これからの行動で
いくらだって生きた目を取り戻せる

誰かがお膳立てしてくれる、
なんてなとは無い。
全て自分次第
全て自分次第


[2018/07/11 20:02] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
少し前を向ける気がするひとりごと


気持ちの整理、思考の整理

プロフィール

Author:RIko
感じたこと、考えたことの記録です

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR